ノートとペン

文字も美しく|ペン字で日本語をレッスンしよう

好きなスタイルで学ぼう

笑うレディ

自由度の高さと安い学費

近年、通信制の専門学校が人気を集めています。その背景には私生活への学習の取り入れやすさやリーズナブルな学費が挙げられます。社会人になって新たなことを学びたい方や、年齢を重ねてもう一度学問を修めたい方が増加しています。一方で仕事をしながら、または家事をしながら勉強時間を確保することは難しいという事情があります。通信の専門学校は好きな時間に好きなだけ学べるため、学び直したいという希望に応える学習の場と言えます。また、通信制の専門学校は通学の必要性が最低限なので、人件費がそれほど掛かりません。人件費の削減は学費の低下という形で学生に還元されています。プロの映像授業テキストを用いて経済面を気にし過ぎず手軽に学べることも、通信の強みです。

副専攻という特徴

従来の専門学校では一日の時間割が専攻科目で埋まってしまうため、一つの分野に特化しているというイメージが強いです。一方で通信制の専門学校は時間割を自由に組めます。この時間割の自由度の高さをうまく利用することで、複数分野の学習が可能になります。たとえば、英語を主専攻としながら中国語も学ぶといったことができます。他の分野が自分の分野の学習にとって大きなヒントとなることがあり、副専攻は専攻分野を多角的に学ぶことをサポートします。また、通信制の専門学校では数回の通学が必要です。副専攻があることで少ない授業回数でも多くの講師、学生と交流することができます。このように、通信ならではの副専攻制度は従来の専門学校の課題の克服を助けているという特徴があります。